タダシップを飲む男

ED君はじめまして

はじめまして。

 

このたびブログを書くことになりました、Manと言います。

よろしくお願いします。

 

何を隠そう、私はタダシップを愛しています。

ED治療薬であるタダシップにEd治療以外にも、もちろんEd治療にも無限の可能性を感じています。

タダシップ以外のED治療薬にも、ある程度手は出しましたが、今では完全にタダシップに落ち着いております。

 

 

「おいおい、痛いおじさんがきたな。」と思ったあなた、

 

 

正解です(笑)

 

 

自他共に認める私は痛いおじさんです。

しかし、痛いと思われても、思っても(笑)そこをつきつめていけば、それはスゴイことだと思っているのが私です。

 

考えてみてください。

 

今から20年前は、お笑い芸人という職種に需要はなく、また理解もされていませんでした。

「お笑い芸人になりたい。」といったら、周りの友達や親せき、家族にまで飽きられる始末。

「お笑い芸人になるなら、勘当する!」という親までいました。

 

しかし、今では夢のある職業として,理解をする人も多くなっています。

 

これからもわかる通り、やり続ければ大小はあると思いますが、一通りは認められ可能性はあるということです。

 

継続は力なりという言葉はしっていると思いますが、まさにそれです。

継続すれば、なにかしらおこると勝手に期待しています。

 

EDで困っている人はタダシップを使えばいいのにと、すごく思うのであります。

なぜそう思うのかというと、単純に私がタダシップにとてもお世話になっているからです。

 

タダシップとの出会い

私も気付いたらタダシップを好きになっていた訳ではありません。ちょっとした経緯があるのです。

なんとなく察していると思いますが、私はもともとEDでした。

そして、一年という短いスパンでEDを改善し、今では起ち放題です。下品な言葉を使うことをお許しください。

 

起ち放題といったものの、それは今の話でEDになっている時の私は、起ち放題とは真逆の放題でした。

 

え?何放題かって?

 

 

萎え放題、中折れし放題。

 

 

まだ、すこしばかりは頑張れていたのですが、そのダブル放題が一向に放題状態でしたので、次第に身体よりも心、メンタルの方にガタがきてしまい自信をなくす結果になってしまいました。

 

思い込みとは恐ろしいものです。

 

自信をなくしてからは、性行為をすることに、とても苦手意識と恥ずかしさを覚えてしまい、よけいに起ちにくくなっていきました。もしかしたら、メンタルが最強な人であるのなら、私のような結果にはつながらなかったと思いますが、大体の人間は基本私と同じでしょう。

 

人間とは、良いイメージよりも悪いイメージを繊細に覚えています。

良かった時は長続きしないのに、悪い時は長い気はしませんか?もしかしたら、時間的には同じ時間、もしくは良かった時の方が長かったかもしれません。

が、しかし、悪いことの方が多かったり、長かったり感じてしまうのは、上記のとおりの覚え方をしてしまうからです。

 

そして、基本的にこれを治すことはできません。

無意識にそうなってしまっているので、中々意識して治すことは難しいのです。

 

 

それにより私はED予備軍くらいでしたのが、完全なるEDになってしまいました。

 

 

気持ちの問題でEDに近づいたのは、その時は分かっておらず、EDを治療し始め勉強したことにより分かったことです。

 

EDになる前に気づいていればなと心底後悔したあの頃、、、

 

EDについて、ある程度は勉強をしましたので、それなりにEDの世界を分かってくるものです。ED患者の現状や悩み、私と同じような体験をしている人も多くいることを知れました。

 

すこしだけ希望の光が差し込んできたのです。

 

やはり、自分と同じ体験をしている人がいて、その人たちがEDを改善しているという情報を見ると、自分も治せるのではないかと思うわけです。

 

タダシップに出会ったのはもうチョイ先のはなしになりますが、、、

 

 

今日はここまで